府中で子育てを楽しむための情報サイト てくてく府中 タイトルロゴ
 HOME > 遊ぶ・楽しむ > 緑道サイクリングMAP > 子供乗せ自転車の選び方
緑道サイクリングMAP

平坦な道も多い府中では、ママチャリがあるととっても便利。
世界が広がること間違いナシ。
でも、子乗せ自転車や子ども自転車をいざ買おうとしても…、一体どうやって選べばいいの?とお困りの方も多いハズ。
そこで、今回、府中の自転車屋さんに子乗せ自転車と子ども自転車の選び方を聞いてみました。

 

■「子乗せ自転車の選び方」〜サイクルスポット店長さんインタビュー

 

  :「子どもを乗せる自転車って、どうやって選べばいいか…。
  実際に乗って試したほうがいいんですか?」


A:「そうですね。実際にサドルにまたがり、
     かかとがしっかりつくものを選ぶことが大切ですね。」

      「自転車を選ぶときは、軽く爪先立ちをして選ぶって話も
  聞いたことがあるんですが、かかとがついたほうがいいんですか?」

 A:「子どもを乗せるということは、普通の荷物より重いものを乗せて
     バランスが悪くなる可能性が高いということです。
     しっかり足がつく規格のものを選んだほうが安全ですね。」


:「そのほかに、注意して見たほうがよいポイントはあるんですか?」
 

 A:「安全性を考えて、設計されているものを選ぶことが大切ですね。
     たとえば、子どもを前に乗せたり、後に乗せたりする専用の自転車は、
     重心を考えて設計されていることでフラツキを軽減したり、
     運転しやすかったりするんですよ。」

「いろいろな機能つきの自転車があって迷ってしまいます。
  子どもを乗せるからついていたほうがいい機能とかってありますか?」

   A:「変速機(ギア)つき、もしくは電動のものを選ぶと便利ですよ。
     変速機がついていたり電動だったりすると、スムーズなすべりだしを
     することができて、バランスを崩しづらく感じるかもしれませんね。」


■「子乗せ自転車の選び方」〜ダイシャリン店長さんインタビュー



「子どもが一人で乗れるようになってきたとき、
  子ども自転車はどうやって選べばいいですか?」

 

  A:「大人以上に試乗することが大切です。サドルにまたがって、
     かかとがしっかりつくものを選びましょう。
     さらに、ハンドルを握ったときに姿勢が苦しくないものを
     選ぶといいですね。」

               「ハンドルの位置も確認するんですね。」

 A:「ハンドルの位置も大切ですよ。最近の子どもの傾向として、
     足の膝下が長い子どもが増えているらしいんです。
     足がついていてもハンドルが遠くて運転しづらく感じる場合
     もあります。苦しい姿勢で運転するのは、安全性が十分なものとは
     言えませんからね。」

「最近ではすごく安い自転車もあるんですが、何か違いがあるんですか?」

 A:「量販店と専門店で扱う商品はラインナップが違うんです。
     専門店で厳選された頑丈な作りのものをお店のスタッフと
     相談しながら選ぶのがオススメですよ。」


専門店のスタッフさんに相談しながら、用途・予算、自分の体にあったものを選ぶことが大切なんですね。
とっても勉強になりました。
そこで、具体的に、府中の自転車屋さんに人気の子乗せ自転車を聞いてみました。 
詳しくは →コチラ


武蔵台文化センター 武蔵台文化センター 片町文化センター 西府文化センター 住吉文化センター 押立文化センター 是政文化センター 白糸台文化センター 紅葉丘文化センター 中央文化センター 新町文化センター 片町文化センター 西府文化センター 住吉文化センター 是政文化センター 白糸台文化センター 押立文化センター 紅葉丘文化センター 中央文化センター 新町文化センター